- InstagramersJapan ( IGersJP ) は日本の インスタグラム ( Instagram ) ユーザーコミュニティです。 -

Instagramers Japan|日本の インスタグラム ( Instagram ) ユーザーコミュニティ


どもえんぞうです。
おまたせしました、第13回コンペティションルックアップ部タイアップ「ルックアップ」の結果発表です!

その前に毎度おなじみですが皆さんにお願いです。
いま我々はMustagramコンペを一括で閲覧できるスタグラメーカーというサービスを利用しています。
http://mustagram.stagramaker.com/
ここではinstagramのIDとPASSでログインして、スターを付けることができます。
このスターが多いとランキングがUPするんですね。
・・・是非に皆さん、スターを付けて頂けませんでしょうか・・・
このコンペをより多くの方に知って頂き、参加者を増やすことで、
いろいろイイことが起こるはず!

今回のテーマはルックアップ。
iPhoneスナップの醍醐味はお散歩写真だと思います。
人は物思いに耽っていると足元を見るようですが、ふと見上げた視界に飛び込んできたなんとも言えない美しさ、何度も経験があると思います。
普段の画角では収まり切らない美しい建造物をモノにしたい時、僕らはそれを仰ぎます。そんな時、新たな美しさに気づくことがあります。
ルックアップは日常に一味加えてくれる便利なツールだと思います。
今回も皆様よりたくさんのエントリをいただきました!

まずは予選通過作品のご紹介。こちらはお名前と作品のみの掲載とさせて頂きます。
お名前をクリック頂きますと作品を閲覧できます。

cafe0826さん

Monjiro9さん

donfanさん

sunayamaさん

以上の皆さんです!
続きまして審査員賞の発表です。

gohyo3さん

→ナイス市松模様。新鮮な驚きがありました。
→建物を見上げて自分のセンスで切り撮る!かっこいいですね!なので、切取りが面白いのを選びましたw 市松は↑まさにそれ。撮りたくなるインスタならではな気がしました!

onzouさん

→怪獣映画。日本男児なら震えるはず!

syokuemさん

→直感的に好きだ、と思ったあとに、さらにじわじわ好きになる作品。好きすぎる。

nobuta49さん

→爽やかっこいいルックアップ。こーいう作品に心ゆさぶられる。

aponnnu326さん

→どっから撮ったの?!建物が一枚のグラフィックに見えてかっこよい!

alienizerさん

→コクーン作品は予想通り多くの出品があったけど、この作品は僕らの想定を裏切ってくれた。

ka_naiさん

→流石、ザ写真部、いや、ザ壁部部長!
どこをどう切り取りたいのか、主題が明確であると同時に、ハイコントラス&荒れた質感で、見る人の心を揺さぶる。ルックアップならではの葉っぱのシルエットが、また美しい!

micra_14eさん

→「見上げ」がテーマなので、どうしても雰囲気が似てきてしまう中
雨というフィルターを通すことによってオリジナリティーあふれる画面に仕上がっている。

cho_beさん

→僕は今まで見た中でこの観覧車が一番おっかない。

審査員賞は以上です!

すあああああああああ~て!続きまして、
3位より発表して参ります!

第3位で賞は・・・
monofumiyaさん

→スクウェアの辺や、3分割方や、そういった定石構図にとらわれてないのにバッチリハマってるし単純にかっこいい!トロン!
→正直言って僕の中では一番。感動した。

続きまして、
第2位で賞は・・・

izuccaさん

→この手のビルは、そう珍しくはないかも知れません。しかし、このありふれたビルを絶妙なアングルから撮影し、斬新な構図で見せる!そして、魅せる!
独自性溢れる表現にしびれました!
→同じような構図あるけど、なんかバランスが良い気がしました! このタグあると分かったらますます街歩きが楽しくなりますね~?

さて!いよいよ!!!!!!

グランプリで賞の発表です!

グランプリで賞は!

jp28cmさん

→正対では絶対撮れない、ルックアップならではの3面反射!普通にぼーと歩いていては、まず気付かないピンポイントの撮影スポットを、よくぞ見付けてらっしゃいました!
構図、色合いともにお見事としかいいようがありません!
→見た瞬間鳥肌が立ちました。文句なし。

という訳で、
第13回コンペティショングランプリで賞はjp28cmさんです。
おめでとうございます!

また、
グランプリで賞を受賞されたjp28cmさんには、
新しく協賛頂きましたソルトワークス様よりgrambook制作ギフト券1冊をプレゼントさせて頂きます!

後ほどtwitterでお声がけください!

毎度のご挨拶になってしまいますが、
今回はここで紹介できなかった皆さんも、エントリー本当にありがとうございました!
また、コンペ拡散に尽力くださった常連の皆様もご協力ありがとうございました!

今回も本当に魅力的な作品ばかりで全部紹介したいのはやまやまやまやまなんですが、
お初の皆様、毎週やってますから今後も気軽にエントリしてくださいです!

審査員長の @ada39 さんとのお付き合いは何気に古く、多分adaさんがinstagramを始めた当初から交流を持たせていただいていたと思います。
初めから驚異的なクオリティで静態を切り取るadaさんの作風に多くの影響を受けました。
そんな審査委員長adaさんよりごあいさつをいただいています。

+——————————————————-+
まずは、今回「ルックアップ」をテーマに選んでいただいたmustagramスタッフの方々、そして、難解なテーマに挑み、コンペに参加いただいた全ての皆さまに心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。本当にありがとうございました。

ルックアップ部は、ザ壁部等の部活とは異なり、「被写体」ではなく、「撮り方」を部名にしている、ちょっと変わった部活です。mustaインタビューでお話させていただいた内容とかぶりますが、同じ被写体でもアングルや構図によって、まったく違った魅力が見えてきます。真正面から見ていると何の変哲もないビルが、ぐぐっと近寄って見上げてみれば、意外にかっこよかったり!

ルックアップは、花や昆虫のマクロ撮影に似ているかも知れません。ルックアップをしようと思えば、自然に被写体に近付くことになります。近付くことで、被写体の新たな魅力が見えてくる。

審査は本当に迷いました。
他の方の作品を見られた方も多いでしょうが、どなたの作品も素晴らしく、甲乙付けがたいクオリティの高いものばかりなのです。
ただ、最終的に絞り込む必要があるため、審査では一応、以下のことを基準に選考させていただきました。
(1)被写体の魅力をどれだけ引き出せているかという基準と、
(2)撮り方に、その人ならではの独自性がどれだけ感じられるか
という二つの基準です。

今回のコンペをきっかけに、ルックアップって面白いなぁと感じていただいた方が、もしみえましたら、iPhoneへのユーザー辞書登録をお願いします。ちなみに、私は「るく」と入力すると「#ルックアップ部」と変換されるようになってます(^^)v
+——————————————————-+

adaさん、ありがとうございました!

エントリ頂いた写真はこちらで一覧頂けます。
http://mustagram.stagramaker.com/
是非に御覧ください。

でわでわ第14回も何卒!宜しくお願い申し上げます。
14回は久々にあの方に登場いただきますよ!

また次回!


0 comments
Submit comment

CAPTCHA